坂口建設株式会社

熊本市中央区水前寺公園
28-43-3F・4F・5F

住宅RF(アスベスト対策室)連絡先

本部

tel 096-383-3131

fax 096-383-3464

hp www.sakaguchinet.com

fax saka888@pastel.ocn.ne.jp

建築部

tel 096-383-3132

fax 096-383-3474

事業開発部

tel 096-383-3184

fax 096-383-3188

E-Mail sea@sakaguchinet.com

欧州輸入住宅部

tel 096-383-3185

fax 096-383-5544

E-Mail sks@sakaguchinet.com

欧州輸入住宅部「ハイリッヒ」

バリアフリー

HOME > 住宅リフォーム部紹介 > バリアフリー

バリアフリーとは

バリアフリー

我国は、今や世界有数の長寿国です。この為長い人生を住み慣れた家で安心して楽しむ為には、高齢期の生活を考え、手摺の設置、段差を無くしたり、出入り口や廊下の幅の拡幅、などのリフォームを行いバリアフリー化された住宅として安心して生活できる住まいと、したいものです。

弊社は高齢の方だけでなく、幼児や妊婦の方など様々な方に優しい住まい造りを目指しています。是非ご相談下さい。

又熊本県が取り組んでいます、ユニバーサルデザインに基づき「誰でもが暮らしやすく豊かな熊本」の実現にも取り組んでいます。

高齢者ほど、住まいの環境の影響が大きい

バリアフリー

高齢になると、転倒などの家庭内での事故が増えてきます。こういう時、多くの人は「転んだのは、自分が歳をとったせいでは?」と考えがちです。でも目線を変えて「転んだのは住まいに問題が有るのでは」と考えたら。

もし床が滑りにくい材料で出来ていたら、敷居に段差がなければ、事故はおきなかったのではないでしょうか。たとえ身体の機能が衰えても、残った能力を最大限に生かして出来る限り自立的な生活を続けることが出来る様にするためのバリアフリー工事です。

バリアフリーリフォームの進め方も一人一人違います、専門書や雑誌などに紹介されている事例は、そのままご自身に当てはまるとは限りません。

せっかくリフォームをしても結局役に立たなかったなどになりがちです。 弊社は専門の技術者を配置し要望にお応えします。

活用できる住まいの環境整備のための制度

バリアフリー

  • 高齢者が介護保険の要介護認定を受け、要支援または要介護と判定されれば、介護保険から住宅改修費が支給されます。
  • 住宅改修費は、工事費20万円を限度としその9割が支給されます。
  • 介護保険制度を利用するときは、ケアマネジャーと専門的な打ち合わせを行い、ご本人に最適な介護サービス計画を作成します。介護保険で利用できる様々なサービスや福祉用具などを上手に組み合わせてリフォームを行います。
  • お住まいの自治体によっては、高齢者のリフォーム補助制度を設けてある場合があります。 弊社は事前に調査し、ご提案します。
  • 住宅金融公庫では、一定のバリアフリーリフォームに対して金利の優遇措置があります。
  • さらに「高齢者の居住の安定確保に関する法律」で返済特例制度(月々の返済を利息分により返済するシステム)を利用することも出来ます。

バリアフリー バリアフリー

バリアフリーに関しては弊社でスタッフを揃え対応いたします。お気軽にご相談下さい。

リフォームのことなら坂口建設株式会社までお気軽にお問い合わせ下さい。

▲ ページの先頭へ